FX手法

10月2日(水)WBR15分足チクトレード(WBRライト講座)

こんばんは。
今日もイレギュラーパターンのEURJPYでしたね。

インジケーターのトレードをする場合でも大きな流れのトレンドは見ておくことは大事です。
そのためEURJPYは1時間足のトレンドはショート方向です。
そのため15分足のロングのサインが出た時はちょっとポジションの量を少なくするとか
そういう調整は必要となります。
そしてショートのエントリーの場合は、ロング方向のクロスが起こったとしても
上方向の矢印が出なければ、ショート方向のサインのエントリーを
入れっぱなしにしておく、という事です。

トレンド方向に強く下がってくると、エントリーのサインはどうしても遅れます。
インジケーターではどうしてもサインが遅れて出てくるからです。
そのため前のサインを使うとちょうどトレンドがショート方向に戻るタイミングを
上手く捕まえてくれる、という事になります。

これはまた動画でも作って説明しますね