FX手法

9月26日(木) WBR15分足チクトレード(WBRライト講座)

こんにちは
今日はサインの応用編をお伝えします。

EURJPY15分足のチャートです

このチャートですが
まず大前提に1時間足のトレンド方向を見ます。
そうするとEURJPYはショート方向になっています。
そのため15分足も基本はショートを狙っていく、となりますね。
そして次に青星が出てロング序列に変わったところでショート序列時に出ている
谷チクの下矢印の下に逆指値売りを入れます。

この後上矢印が出たらトレンドが変わる可能性があるので、エントリーはキャンセルしますが
今回のように上の矢印が出ない場合は、そのままエントリーを保持
そしてちょうどクロスするタイミングと同じくらいにエントリーされました。

トレンドが変わらなければ前の谷チクでエントリーする、という方法です。
もちろんすべてOKになるわけではない事と、もしもっと良い条件になれば
そちらにエントリーは移動しなくてはいけませんね。
またリスク管理としては通常のトレードの半分でのトレードとしてトレードしています。